売掛金回収にはファクタリングを利用するのも有効

握手をしているひとたち

売掛金の回収には債務者が支払いなどのアクションを起こさない場合には、自ら取引先に足を運んで弁済方法の交渉などを行うことが考えられます。誠実な経営者であれば、弁済計画を立てて分割払いの提案をしたり、一部でも弁済に応じてくる可能性はあります。しかしそのような交渉成立の見込みが少ない場合は、取引先の信用情況が悪化したり、資産が毀損する前に、ファクタリングを利用する方法があります。

ファクタリングとは取引先に対して保有する売り掛け債権を、支払期日前に売却して現金化するという取引のことです。業種により違いがありますが、売掛金が取引先より入金されるまでには、一定のタイムラグがあります。入金までのタイムラグは支払サイトと呼ばれていますが、業種により期間は異なる傾向があります。一例をあげると病院やクリニックなどの、自己負担金を除外した診療報酬債権などは診療日から二ヶ月経過後に公的医療保険より入金されます。

ファクタリングを利用することのメリットは、支払サイトの制限を受けることなく債権者の最適のタイミングで現金を手に出来ることです。現金を調達する手段には、金融機関からの融資もあります。しかし融資を受けるには審査を通過しなければならず、金融機関いから信用状の不安を抱かれるような情況ではまず審査を通過できません。ファクタリングでも審査はされますが、対象はあくまで取引気の経営状況です。そのため赤字経営や税金滞納などに陥っていても、審査を通過可能なのもメリットです。

ファクタリングの仕組みには、取引先の承諾を得るか否かに応じて2社間取引と3者間取引の2つの形態があります。取引先の承諾をえる3者間取引では、取引先の承諾を得ることになります。そのため支払期日が到来すると、取引先はファクタリング会社に直接入金することになるわけです。

しかし売掛金回収に不安のある取引先から承諾を得ることには、リスクを伴うこともありえます。場合によっては一部の債権者に偏頗弁済をする可能性があります。そこで取引先にファクタリング取引の承諾を得ない2社間取引の仕組みを採用すれば、取引先にも秘密裏に売り掛け債権を現金化することが叶います。ただし2社間取引ではファクタリング会社は、利用会社を経由して売り掛け金を入金することになるので、一定のリスクは否定できません。そのため3者間取引に比べると、手数料が高くなる傾向があるので、正味の現金回収額は少なくなる可能性は留意する必要があります。